飲食店の売上アップを目指すコツ|専門家に知恵を借りよう

婦人

歯医者さんの広告宣伝方法

歯科医院の新規開業時には、存在を認知してもらうために近隣住民へのアピールが必要となります。その機会として適しているのが、内覧会です。院内を見学してもらったり、治療に関する相談を受けたりすることで、イベントを通じて親近感と信頼感を獲得します。

取り組みの工夫と成果

お店

機器とサポートの活用

毎日のように行列ができる飲食店は実際に存在していますが、多くの場合は売上を伸ばす取り組みの成果です。開店当初はガラガラだったという人気飲食店も珍しくはありませんので、まずは売上を伸ばす努力・研究を優先させるべきでしょう。売上アップは一時的または継続で目的・効果が異なるため、十分に理解したうえで戦略的に使い分けなければなりません。一時的な売上アップは、期間限定値下げのように、主に宣伝広告や特別サービスを目的とします。期間中は売上と利益が反比例する可能性もありますので、宣伝広告費と同様に扱ってみると良いでしょう。一方で売上アップを継続させる場合、飲食店であれば料理の質はもちろんのこと、新規だけでなくリピーターの存在が重要となります。固定客は売上の基礎部分となり、数字の安定化に貢献してくれますので、定着の工夫が必要となるのです。毎日でも行きたくなるような日替わりメニュー、時間帯に適したメニューやサービスは自然と固定客を増やします。ただし、オーナーや限られたスタッフだけの力では体の負担が大きくなるため、サポートの活用も重要なポイントです。例えば、モーニング・ランチ・ディナーで注文内容に偏りが見られますが、傾向に沿って食材や価格を調整し、売り逃しの発生を防ぎます。POSレジの場合は伝票集計の手間が省けますので、導入を検討してみるのも良いでしょう。さらにもう一歩踏み込んで取り組む際は、飲食店コンサルティング会社への相談も視野に入れます。

店舗

店舗開業をするなら法人化

これから店舗開業を行なうのであれば法人化しておくほうがいいでしょう。飲食店などは個人事業がいいとされていますが、赤字の繰越や経費の種類に関しては法人の方が断然有利なのです。

相談

中国製品を安く購入

中国輸入代行を利用する場合、信頼できるサービスを選ぶことがまずは準備として必要です。利用するサービスが決まれば、希望する品物の情報をメールなどを通じて伝え、発行された請求書を使用して代金を入金します。商品の到着後、状態を簡単にチェックし、問題があればサービスに連絡をとります。